niza_main

Niza Huang

土の記憶から生まれる、身につける彫刻

◆工業デザインの知識から生まれた独創性
一度目にしたら忘れられない、その特有の形やテクスチャーが特徴の彼女の作品。Under Earth(地中)、Crush(クラッシュ)、Illusion(幻覚)、毎年発表される新たなコレクションに、彼女は独創的なテーマを設けている。とりわけCrushコレクションはその制作過程からがユニーク。通常、粘土やワックスを使って作る原型を、彼女は薄いアルミニウムシートを使って製作した。薄い金属のためすぐに壊れてしまい、原型の完成までに何度も試行錯誤が続いた。そんな彼女の創作の原点は、意外にもジュエリーデザインを学ぶ前の工業デザインを学んだ経験にあった。もともと台湾でプロダクトデザインを学んだNiza。大学の卒業制作ではモーターバイクのデザインという、ジュエリーからはかけ離れたテーマに取り組んだ。そこで素材の特徴や扱い方、プロダクトデザインの基礎を習得したことが、ジュエリーの伝統的な製作手法にとらわれない自由な発想につながっているという。


◆大自然にインスパイアされたアイデア
彼女のクリエーションには土や岩などの、大地の自然のテクスチャーを感じる。インスピレーションの源は、旅。直近で行ったニュージーランドへの旅は、その雄大な自然がUnder Earthといったコレクションに大きな影響を与えたという。自然をテーマにする作風のルーツは、彼女の最初のコレクションにさかのぼる。石油をジュエリーに入れてみてはどうか。コラボレーターのアイデアを元に彼女が作ったジュエリーは、石油を虫眼鏡の中に閉じ込めるという、常識を超えたものだった。そこから彼女は土、自然といったものをテーマに創作を続けることになる。


◆アーティストに愛されるブランド
Nizaの顧客には、クリエーターが多いということも特筆したい。その独創的なフォルムや芸術的なコンセプトを見れば、多くのデザイナーやアーティストが彼女の作品のファンであることは頷ける。一つ一つの作品にどれだけの労力をかけているかということも、彼らが評価するポイントなのでしょうとNizaはいう。

伝統や常識にとらわれず、まるで彫刻作品を作るかのように素材を自由に操り新しいフォルムを生み出していくNiza。アートを生み出すことが好きと語る彼女は、自身のジュエリーを「身につける彫刻」と呼ぶ。



<略歴>
1981 台湾出身
2008 シェフィールド・ハーラム ジュエリーデザインコース 修士過程修了
2013 自身のジュエリーブランド Niza Huangをスタート
2014 ロンドンイーストサイドにスタジオをオープン
2015 BEST100 designerに選ばれる・NOT JUST A LABEL主催のトレードショーに参加

Born from the memories of soil, the wearable sculptures

◆ Ingenuity born from the knowledge of industrial design
With its unique shape and texture, her works are unforgettable. She sets unique themes for her annual collections such as “Under Earth,” “Crush,” and “Illusion.” Especially the Crush Collection is unique from the process. Normally, jeweler creates a mold with clay or wax, but she used a thin aluminum sheet. Because the master piece was made of thin metal, it broke easily and took many of trial and error to perfect the mold. Her real origin comes from the experience of learning industrial design before she started learning jewelry design. Originally learned product design in Taiwan, Niza's BA graduated project was designing a motorcycle which was far off from jewelry. There, she learned the characteristics of materials and how to handle them. These product design basics make her open mind to unorthodox ideas of traditional jewelry designing.


◆ Ideas inspired by the great nature
You can feel the sense of mother earth texture from her work such as soil and rock. The sources of her inspirations are trips. In her last trip to New Zealand, its vast nature had a big effect on her collection “Under Earth.” The root of her style with nature goes back to her first collection. How about adding oil to jewelry? The piece she created with the idea of her collaborator was capturing petroleum inside of magnifying glass, which was beyond common sense. From this point, she continues to create workpieces with a theme of soil and nature.


◆ Brand loved by artists
It’s notable that many of Niza’s customers are creators. By seeing its exceptional figure and artistic concept, it is understandable that many designers and artists are fans of her work. Niza says that how much effort is putting into each piece is probably one of their evaluation measures.

She keeps creating new styles handling materials freely as if she were sculpturing and defying traditions and common sense. While she expresses her passion for creating art, she calls her pieces “wearable sculpture.”



<Brief History>
1981 Born in Taiwan
2008 Graduated MA course for Jewellery and Metalwork at Sheffield Hallam University
2013 Started her jewelry brand “Niza Huang”
2014 Opened a studio in East Side London
2015 Chosen for “BEST100 designers” and appeared in a show held by NOT JUST A LABEL