Cuyo

Cuyo(=光)を照らしてくれる癒しのアクセサリー

◆テキスタイルを使った、唯一無二のアクセサリー
Cuyoは、タイノ語(カリブ海域で、原住民のタイノ族たちによって使われていた言語)で“光”を意味する。Tamikaは生けるもの全てに宿る光をテーマに創作をする、ニューヨーク在住のアーティスト。インスタレーション作品として大型のテキスタイル彫刻を作ることもあれば、ファブリックを使ったアクセサリーの製作も手がけている。彼女の特徴的なアイテムであるバングルは、デザイナーやアーティストたちから集めた端切れやビンテージファブリックを使って、一つ一つ手作業で縫製される。アクセサリーを作る工程は彫刻作品を作るアプローチに似ていると語る彼女。素材もその時々で手に入るもので作られるので、一つとして同じものはない。

©Yuki Matsumura


◆多彩な文化が育んだアーティスト
NYのロングアイランドに生まれたTamikaは、プエルト・リコ人の父と、プルシアとアイルランドの血を引くニューヨーカーの母を持つ。Tamika(タミカ)という名は、母が観た日本映画のトミコという登場人物にちなんで付けられたという。彼女と日本の不思議な接点は、生まれる前から始まっていたようだ。幼い頃は森の中で遊び、自然の持つ神秘的な世界に自ずと親しんでいった彼女。幼少時からものをつくることも自然と身に付け、アーティストとしての片鱗を見せていった。一方で、自分のルーツであるタイノ族への敬愛と探究心から、ボリクア大学に進学し、カリビアンカルチャーと北アメリカ/ラテンアメリカの社会構造を学ぶ。卒業後はアート、ファッションデザイナー、スタイリスト、映画衣装など、様々な形で自己を表現してきた。

©micheal mundy / michealmundy.com


◆クリエーションを通じて、人々に癒しを
2001年の9月、Tamikaがアートショップを開こうとしていた矢先、あの9.11が起こった。これを契機に彼女はレイキ(日本発祥のヒーリング療法)の道に入ることを決め、心に傷を負った人や重い病を抱えた人たちを癒すことに心血を注いでいく。このレイキを通じて、Tamikaは再び日本と接点を持つことになる。 2009年頃から、彼女は仕事のスタイルを、創作活動を中心とした形にシフトしていく。瞑想をしながら世界各国を旅し、自然や異文化に触れる体験を通じてアクセサリーラインのCuyoを生み出した。創作行為は、瞑想と同じだと語る彼女。ポップで遊び心のある色使いや、歪んだり膨らんだりした不完全なフォルム、一見無造作に見える縫製は、計算からは生まれないデザインだ。彼女が子供のような無心の状態で、瞑想する中でこそ生まれるクリエーション。ひとつひとつに、Tamikaの癒しのメッセージが込められているアクセサリーは、どこか日本のお守りのようなパワーが感じられる。

©Amanda Bjorn



<略歴>
2001 ヒーリングセンター「セラピー」”Therapy”をオープン
ヒーリングをテーマにプライベートレッスンやワークショップを開催
2016 メキシコ・オアハカでのアーティストインレジデンシーに参加
(これまで、クーパー・ヒューイットデザインストア、ウォンテッドデザインNY、アーキテクツ・ダイジェストショウなど、展示多数)
ファッションブランド、エンジニアドガーメンツのルックブックにカスタムネックレスを提供
Tamikaが展開しているキャンドルブランドTAPAは、蔦屋書店梅田店での販売が決定
2017 グループ展「Whitney Houston ビエンナーレ」に参加予定

Healing jewelry that shed light

◆The one and only jewelry that uses textiles
Cuyo means light in Taino, the language spoken by the Taíno people of the Caribbean. Tamika is an artist in New York who produces art themed light that lives in all living things. She creates large scale sculptures for art installations and also creates jewelry using fabric. Her signature work, the bangle is each handmade with pieces of fabric collected from many designers and artists and vintage fabric. She says that the process of making jewelry is very similar to the process of making sculpture. She creates with the materials she can get so none is the same.

©Yuki Matsumura


◆Artist raised in a multicultural environment
Tamika was born in Long Island, NY. Her father is originally from Puerto Rico, and her Mother is a native New Yorker with ancestry from Ireland and Prussia. Her name, Tamika, was named after a character Tomiko from a Japanese movie her mother saw. There was already a strange connection between her and Japan. As a little girl, she played in the woods and became very familiar with nature’s power. She learned how to make things naturally when she was little showing her talent as an artist. On the other hand, she decided to go to Boricua College in respect to her root, Taino people. She learned the Caribbean culture and the social structure of North America/Latin America. After graduating, she chose many ways to express herself such as art, fashion designer, stylist, and costumes for movies.

©micheal mundy / michealmundy.com


◆Healing people through creation
When Tamika was about open an art shop in September 2001, that 9.11 happened. She took the opportunity to pursue Reiki, a Japanese healing method and started to focus on healing the people who have been hurt mentally and physically. Through Reiki, she again became connected to Japan. From 2009, she shifts her work style to producing artworks. She traveled all over the world meditating, and through the experiences of encountering nature and different cultures, she made a jewelry line, Cuyo. She says that the process of producing is like meditation. The fun usage of colors, imperfect shape with distortion and curves, and random stitches are not the designs created with calculation. These are made because she meditates with a mind like an innocent girl. The jewelry that holds Tamika’s healing message is somewhat like a Japanese good luck charm.

©Amanda Bjorn



<Brief History>
2001 Opened a healing center “Therapy”
Held healing private lessons and workshops
2016 Exhibited artworks at Artist residency Oaxaca Mexico
(Until now her artworks have been exhibited many places like Cooper Hewitt design store, wanted design NY, and architectural digest show)
Provided custom necklaces for a fashion brand, Engineered Garments lookbook
Tamika’s candle brand, TAPA will be sold at Tsutaya bookstore at Umeda
2017 Will be participating in Whitney Houston Biennial, a group exhibition of female artists