anna_top

Anna Westerlund

ポルトガル発、スケッチブックから飛び出てきたようなセラミックウェア

◆モデル、広告マン、そして陶芸家へ
スウェーデンとポルトガルのハーフとして生まれた彼女は、幼少時代の多くを、大自然に囲まれたスウェーデンの田舎で過ごした。そして、偶然にもモデルとして働き出した彼女は、ショウに出るため世界各国を旅することになる。その頃、出会ったクリエーティブ業界の人々や各国のカルチャーは、その後のアーティストとしてのセンスを形成したようだ。起業願望があった彼女は、大学で経済を専攻、クリエーティブな仕事がしたいと広告の仕事に就く。しかし、もともと持っていたアートやクラフトへの情熱が次第に大きくなり、仕事を辞めてARCOで陶芸を学びなおす。そして、2008年、30歳の時に陶芸家としての道を歩み始める。


◆ドローイングから生まれる、ミクストメディアの陶器たち
Annaの作品の特徴は、様々な異素材との組み合わせ。陶器に糸やビーズを組み合わせて作品にしてしまう自由な発想は、ドローイングから生まれる。常にノートブックを持ち歩き、デザインを思いついたらその場でスケッチするという。せっ器と磁器をベースとした彼女の器は、すべての工程が手作業だ。手で成形した原型をもとに石膏の型を制作し、型どった陶土を高温で焼成、その後釉薬で色付けされる。不完全なフォルムや水彩画のような色づかいを備えた作品たちは、まるでスケッチブックからそのまま飛び出てきたよう。Annaの純真無垢な想像力から生まれたデザインだ。


◆4人の子を持つ、美しきワーキングマザー
現在、4人の子供を持つワーキングマザーのAnna。家族との時間を何より大切にしながら、陶芸家としての活動を続けている。色彩、花、日光、読書、静寂、子供達の笑い声、焼きたてのパンの匂い、雨の降った後の大地の匂い、そんなシンプルなものが好きだという彼女。モデルや広告というノンストップで動き続ける世界から、陶芸という自身や生活そのものと向き合う世界へキャリアチェンジしたのは、自然な成り行きだったのかもしれない。



<略歴>
2008 ARCOのセラミックコース修了
インターナショナルセラミックビエンナーレにポルトガル代表として参加
2010 リスボンにシェアスタジオをオープン
ベスト・ポルトガルデザイン・エキシビジョンに参加(MOMAストア、NY)
ARCOのビジュアルアート・アドバンストコースを修了
バルセロナの”Portugal Convida”に招待作家として参加

From Portugal, the ceramics popped out of a sketchbook

◆A model, an ad woman, and then a ceramist
Being half Swedish and Portuguese, she spent her childhood in the countryside surrounded by the great nature in Sweden. Fortuitously, she began working as a model which led her to travel all over the world for fashion shows. The people in the creative business and the cultures in each country she encountered at that time formed her senses as an artist she later became. She originally had a desire to start her own business, hence majored economics at college. Wanting to do something creative, she got a job in the advertisement business. However, she quit her job and decided to study ceramics at ARCO because her passion for art and craft which she originally had grew stronger. Then in 2008, her career as a ceramist began when she was 30.


◆ Mixed media wares from drawings
Anna’s work feature is the various combinations of different materials. The ideas out of the box, combining thread and beads with the ceramics come from her drawings. She always carries a notebook and sketches at the moment she gets an idea. The wares she creates with the bases of stoneware and ceramics are all handmade in every process. A plaster mold is made from the prototype hand build, and the clay is casted, high-fired, and then glazed. With the unperfected from and the watercolor-like shade, her art pieces are as if they came out of a sketchbook. These designs come from Anna’s innocent imaginations.


◆A beautiful working mother with 4 children
Presently, she is a working mother of 4 children. Treasuring the time with her family, she continues creating art pieces as a ceramist. Colorfulness, flower, daylight, reading, silence, children’s laughing, the smell after the rain, these are the simple things she loves. The career-changing from the nonstop world being a model and an advertising woman to the world where a ceramist faces herself and her lifestyle just happened very naturally.



<Brief History>
2008 Finished the Ceramic Course at ARCO
Joined the International Ceramic Biennale as a representative of Portugal
2010 Opened a shared studio in Lisbon
Participated in an exhibition showing the best Portuguese design (MOMA store, NY)
Finished the Advanced Course in Visual Arts at ARCO
Was invited to participate in the exhibition "Portugal Convida" in Barcelona