verloop_main

VERLOOP

編み目のように、有機的に進化し続けるブランド

◆定義されないニットウェアブランド
Verloopは2012年、ニューヨークで設立されたニットブランド。当初は、創始者のEllaがデザインしたものを試験的につくるラボとしてスタートした。彼女が“オープンエンドで進化するブランド”と表現するように、Verloopはファッションブランドやホームウェアブランドなどと、単純にカテゴライズされないブランドだ。ファクトリーで生産されるプロダクトも作れば、一点モノのハンドメイドアイテムも作る。Verloopはドイツ語で予期せぬ展開や、解決策のないもの、を示唆する。この言葉はまさに、彼らが時間をかけ取り組んできた、実験的な積み重ねを表すにふさわしい。loopという言葉も、ブランドの核である“編み物”をイメージさせる。彼らは世界中に点在するチームメンバーとともに、日々研究を重ね、改善を重ねている。Verloopは定義されないプロセスそのものなのだ。


◆相対するものを、ミックスする
Verloopは対比するものをミックスするブランドだ。ニットという伝統技巧にコンテンポラリーな美と機能性をミックスし、プラスチックやラフィアといった意外性のある素材にも取り組む。技術に関しても、温熱スタンプやラミネートなど、新しい工業技術を取り入れている。結果として、ブランドは単なるファッションブランドから、テキスタイルブランドとしての側面も持ち始めている。色も、ブランドの根幹となる重要な要素だ。彼らは常に驚きを生む色の組み合わせを探求している。Verloopをスタートする以前、Ellaはデザイン会社に勤務し、トード・ボーンチェ、ヘラ・ヨンゲリオス、カンパーナ・ブラザーズといった、世界的なプロダクトデザイナーたちとのプロジェクトを経験した。彼らの、ハンドクラフトと工業技術を革新的な方法で組み合わせるという視点は、Verloopをスタートするにあたり大きなヒントとなった。彼らとの経験は、対比するもの、ハイテクとローテクの共存というコンセプトに彼女をたどり着かせた。


◆リサイクルから生まれた新しいデザイン
彼らは素材の再利用に対しても、常に取り組んできた。ポンポンピローやタッセルチャームは、生産ラインで日々発生する端切れを再利用することで生まれた。各シーズンの終わりには、余り物の毛糸がかなりの量で残る。それらは色毎にまとめられ、ニッターによってポンポンに生まれ変わる。こうしたデザインは、本来廃棄されていたはずの素材を再活用することを可能とした。ポンポンは全て手作業で作られるため、それぞれのピローはユニークで一点モノだ。 “リサイクル”はVerloopのものづくりにおいて、より大きなテーマになりつつある、とEllaは語る。


The brand evolving organically and open-ended like knitting

◆Knitwear brand that never be defined
Verloop is a New York based knitwear brand founded in 2012. Verloop was initially started as a experimental lab producing the design of a founder, Ella. As she describes the brand open-ended and evolving, Verloop is a brand that cannot be defined or categorized simply as a fashion brand nor homeware brand. They also create both factory-lined products and one of a kind pieces. “Verloop” is a Dutch word that suggests an unfolding course of events, its resolution still unknown. That word exactly describes the experimental nature of the project that they’ve continued over time. Also a word “loop” suggests knitting which is the core of the brand. Everyday they continue to learn more and improve together with the team spread around the world. Verloop is a process whose end has not yet been defined.


◆Mixing contrasts
Verloop is a brand that mixes the things in contrast. They infuse traditional knits with a contemporary aesthetic and functionality. In addition to their main collection, they experiment with unexpected materials such as a plastic and raffia. They also apply industrial techniques such as heat stamping and lamination to their designs. As a result, the brand has more of a surface “textile” focus rather than just fashion. Also color is the foundation of the brand and they strive to create surprising and delightful colorways. Before starting Verloop, Ella spent several years at a design company working on products with top industrial designers such as Tord Boontje, Hella Jongerius, and the Campana Brothers. This experience had a huge meaning for her to create the world of Verloop, in combining handcraft and industrial techniques in very innovative ways. It leads her to the concept of juxtaposition of contrasts, of merging high- and low-tech.


◆New designs born from recycling
They’ve also been working on designs that employ recycled and repurposed materials. The pom pom pillows and tassel charms were developed as a way to reuse “second” materials generated by the factory’s daily operations. At the end of each production season, surplus yarns in odd lots remain. The yarn is sorted by color and turned into a pom pom pillow by a knitter. Design such as these allow them to make use of materials that would otherwise be thrown away. Also all the pom poms are made by hand, that make each pillow unique and one of a kind. Repurposed and recycled materials can become a bigger part of the Verloop collection going forward, Ella says.