Ushikubo Portrait

Masami Ushikubo|牛久保雅美

1987年東京生まれ
桑沢デザイン研究所卒業後、イラストレーション青山塾を修了したのちフリーランス。
装画や雑誌、web媒体など幅広く活動。日常をテーマにアンニュイな女性像を描く。
主な仕事に「四十歳、未婚出産」垣谷美雨 著(幻冬舎)、「蒲田行進曲」つかこうへい著(KADOKAWA)の装画、OZmagazine、anan、FRaUのイラストカットなど。

展示
2016 個展「彼女たち」/タンバリンギャラリー
2018 個展「春ならい」/L’illustre Galerie LE MONDE
2018 個展「冬となり」/美容室 dolls
2019 グループ展 予定/ondo gallery
他、グループ展多数

受賞歴
2014 193回イラストレーション ザ・チョイス 入選
2016 第4回東京装画賞2016 平和紙業賞(協賛企業賞)

Collaboration Works

Pink Mood
Work 1 Work 2 Work 3
「日常の女の子」をテーマに、女の子のふとした仕草やアンニュイな表情を巧みに切り取るイラストレーター・牛久保雅美。作品に描かれた空気感は、女性の中に在り続ける少女の感覚を呼び覚まします。今回、IBEのバレンタイン企画に合わせて、ピンクをテーマに作品を描き下ろしてくれました。恋する誰かを思って物思いに耽っている少女たち、ピンク色に染まる季節を表現しました。

Illustrator Masami Ushikubo draws her works based on the theme of “girls in everyday life”. Her works exquisitely capture a girl’s casual gesture and ennui face. The atmosphere in her works wakens a girl’s sense that all the women have inside. For IBE’s Valentine campaign, she drew new works inspired by pink. The works depict the girls who daydream thinking about someone in love. They also illustrate lovers’ season dyed in pink.