【NEW】かのひと 超訳世界恋愛詩集

¥1,700(+tax)

現在、IBEのトップページをジャックしている5編の詩。これらは、詩人・菅原敏によって“超訳”され、現代に蘇った古典作品の数々です。ニーチェから小野小町まで、古今東西の詩人たちによる恋愛をモチーフにした作品に、菅原敏の独自の言葉を重ね、時にアンサーを返すようにして紡がれた新たな詩。当該作品を含む35編の詩が収録された本書は、現代美術家・久保田沙耶による、古さと新しさが共存する挿絵も相まって、アートブックのような一冊となっています。
いにしえの詩人たちの恋に思いを馳せるもよし、大切な人への贈り物にするもよし。IBE特製ブックカバーとしおりがついた、特別仕様でお届けします。

ソフトカバー160ページ
出版:東京新聞

詩とうつわの企画展「もしも詩が水だったなら?」

※企画の詳細は3月上旬に発表!
▼5編の詩の全文が、下記よりお読みいただけます。


愛される1時間/エミリー・ディキンソンさよなら、たまねぎ/フリードリヒ・ニーチェ月下独酌/李白僕らはみんな落ちていく/ライナー・マリア・リルケそうね、私は年をとった/小野小町


菅原敏 Bin Sugawara
詩人。2011年、アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。執筆活動を軸に、異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、デパートの館内放送ジャック、海外での朗読公演など、幅広く詩を表現。Superflyへの歌詞提供、東京藝術大学大学院との共同プロジェクト、美術家とのインスタレーションなど、音楽や美術との接点も多い。現在は雑誌「BRUTUS」や「GINZA」webほか連載も多数。2017年7月に新詩集『かのひと 超訳世界恋愛詩集』(東京新聞)を上梓。
http://sugawarabin.com/



※発送に関しまして※
こちらの商品を単品でご購入の場合は、ゆうパケット(送料250円)にて発送させていただきます。その他商品とご購入の場合は、ゆうパック(通常送料650円)にて発送させていただきます。その場合、ご注文後にゆうパケットの送料は差し引かせていただきます。

QUANTITY