3rd anniversary

works_1

9.23にIBEはオープン3周年を迎えます。これを記念して、陶芸家・池田優子のクリエイションをフィーチャーします。

ぼんやりと浮かぶ四角形の物体は、扉でしょうか。向かい合う二人のひとにも見えるかもしれません。その傍らに流れるように描かれた線は、文字のようにも見えます。作者の心の呟きや、祈りのようにも感じます。絵の中の風景に何を見い出すか、またそこからどんなストーリーを受け取るか、そこには正解もなければ限定的なこともありません。見る者の解釈に委ねられる余白だけがあります。池田がつくる陶板は、ドローイング作品同様、使う者に解釈を問いかけます。見立てによって鑑賞するためのアート作品にもなれば、料理を盛るためのうつわにもなります。

いまこういう時代だからこそ、答えのないものや言葉にならないものを、わたしたちは求めているのではないでしょうか。もっと人間が本能的に感じ、味わうこと、池田の作品はその行為の大切さを気づかせてくれます。

3周年を記念し、トップページでは池田のドローイング作品3点をご紹介、また今回のために制作をした陶板22点を販売いたします。また、期間中ご購入のお客様にはトップページの作品をデザインしたポストカード3枚セットを差し上げています。

*陶板作品の販売は、9月23日(月)21時スタートです。

works_1

On September 23, IBE marks its 3rd anniversary. To celebrate this, we feature the creation of a ceramic artist Yuko Ikeda.

Are the misty rectangles floating in the air doors? They might look like two persons facing each other. The streams of drawing lines are like the texts. It may also seem as the artist’s inner words or her prayer. What you see in the picture or what kind of story you receive from it is up to you. There is no correct answer and no limitation in it. There is only a space where you can freely interpret. Same as the drawing, her ceramic board requires your own interpretation. It could be a decorative art or a plate to serve foods viewing from a different angle.

Because of such an age, we may need something without an answer or which cannot be expressed in words. Yuko Ikeda’s works remind us the importance of action to feel and taste something more instinctively as human beings.

To celebrate our 3rd anniversary, we introduce her 3 drawing works on top page and have the 22 kinds of ceramic boards available on web store. Also a set of 3 postcards designed with her drawings will be given free for any purchase during the anniversary time.

*The ceramic boards are available from 9pm on Sep 23.