“chiaki_profile”

CHIAKI KOBAYASHI|小林千秋

イラストレーター・グラフィックデザイナー。
1996年福島県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。
ライフワークとしてシンプルな線と構図を用いたイラスト作品をInstagramを中心に発表する。
2020年8月にVOILLDにて個展「Tuning」を開催。

Illustrator and graphic designer.
Born in 1996 in Fukushima Prefecture. Graduated from Musashino Art University's Visual Communication Design Department.
Illustrations using simple lines and composition are mainly published on Instagram as her life's work. Solo exhibition "Tuning" was held at VOILLD in August 2020.

Collaboration Works

WHITE CHRISTMAS
“snowdome” “cake” “giftbox”

今年のクリスマスは、イラストレーター・グラフィックデザイナーとして活躍する小林千秋とコラボレート。
モノクロのシンプルな線によって構成される、ミニマルな作風で日常の中で発見した形や現象を捉えるアーティスト・小林千秋。一見、CGで描かれたようなグラフィカルな作品は、すべて手描きによるもの。直近では、波線をモチーフの中に取り入れた表現にフォーカスし、作品を発表しています。
靴下を履く、レモンを絞る、そんな何でもない瞬間を捉えたモチーフに波線が用いられることで、絵の中に不思議な違和感が生まれ、見る者の感覚・知覚に訴えてきます。
今回、「WHITE CHRISTMAS」をテーマに制作したビジュアルは、お家のクリスマスのワンシーン。白の際立つシンプルな構図でありながら、アニメーションを取り入れることで、動きのあるポップなビジュアルになりました。静謐さの中にも温かみや賑わいの感じられる、小林ならではの魅力の詰まった作品です。

This Christmas, we collaborated with Chiaki Kobayashi, an illustrator and graphic designer.
The artist Chiaki Kobayashi captures shapes and phenomena found in everyday life with a minimalist style composed of simple black lines. At first glance, the graphical works, which look like they were drawn with computer graphics, are all hand-drawn. Most recently, she has focused on using wavy lines in her motifs.
The use of wavy lines in motifs that capture such ordinary moments as putting on a sock or squeezing a lemon creates a strange sense of discomfort in the picture and appeals to the viewer's senses and perception.
The visual created under the theme of "WHITE CHRISTMAS" is a scene from a home Christmas. It is a simple composition with an accentuated white color, but by incorporating animation, it has become a pop visual with movement. It's a work filled with Kobayashi's unique charm, with a sense of warmth and liveliness in the midst of tranquility.