“michelle_main”

Michelle Oh

日本初上陸のオーガニックジュエリー

◆有機的なモノに美を見出す
ミシェルのジュエリーは、有機的という言葉がぴったり合う。小枝のような節を持ったリング、フジツボやサンゴのテクスチャーを用いたピアス、不均一で歪みのあるカーブを描くリング。綺麗に整いすぎたものよりも、生のままの、ナチュラルなものを好むという彼女。収集癖のある彼女は、郊外に出かけてはビーチで小枝や貝殻などをコレクションしていた。ある時これをジュエリーに活かそうと思い生まれたのがビーチコンバーのシリーズ。普段は目を向けられないようなものの中に美を見出すのが、彼女のクリエイションの原点だ。

“michelle_01” “michelle_02”

◆ジュエリーデザインとの出会い
ジャカルタで生まれたミシェルは、大半をインドネシアで過ごした。急速に発展してきたジャカルタは、バナナツリーの生える小さな村が、高層ビル群に隣接してあるような、コントラストに富んだ都市だ。大学進学を機にロンドンへ移り、セントラル・セントマーチンに入るが、この時はまだ、漠然とクリエーティブなことがしたいという思いしかなかったという。そこでファッションや彫刻、テキスタイルなど様々な領域に触れて、ジュエリーデザインに魅せられた。ジュエリーの魅力は、いつでも身につけられて、持ち歩けるところだという彼女。金属を相手にハンマーやバーナーなどのエキサイティングな工具を使うプロセスも、自分に合っていた。

“michelle_03” “michelle_04”

◆「個」を持つ人に、身につけてほしいジュエリー
白を基調とした美しいアトリエ、フォトグラファーの夫との新婚生活、キュートなファッションに身を包んだ彼女自身、ミシェルのライフスタイルはどこを切り取ってもアーティスティックでスタイリッシュ。けれど、本人自身はどこまでも自然体で等身大だ。そんなスタイルは、ジュエリー作りに対するスタンスにも表れている。生来、競争心や野心があまりなく、世間的な評価には興味がないという。ただ自分が作りたいもの、身につけたいものを追求していきたいという。彼女はジュエリーのカスタマイズサービスも積極的に受けているが、そうしてジュエリーが自分好みにカスタマイズされて、顧客にとってよりパーソナルで特別なものになればハッピーだと語る。そんな自然体な彼女が生み出すクリエイションは、今の時代の「個」を持った人々に強く支持されている。

“michelle_05”


<略歴>
1988 ジャカルタ生まれ
2011 セントラル・セントマーチン アート&デザインコース修了
   Michelle Ohとして自身のブランドをスタート
   Botticaにてデビューコレクション発表、以降ヨーロッパのデザイナーのベストセラーの一人になる
現在、イーストロンドンのスタジオにて制作を続けながら、毎年新たなコレクションを発表している

Organic jewelry newly launched in Japan

◆ Finding beauty in something organic
The word "organic" perfectly suits Michelle's jewelry. A ring like a gnarled twig, earrings with textures of sea acorns and coral, a ring with irregular patterns of deformation curve; she is fond of natural things just as they are rather than things neatly organized or perfected. Being a collectomania, she used to go out to beach out in the suburbs and collect twigs and seashells. One time, she thought of making use of them to design jewelry, and that's how her "Beach Comber" series started. The origin of her creativity is from the idea of finding beauty in the things that are normally unnoticed.

“michelle_01” “michelle_02”

◆ Encountering jewelry designing
Born in Jakarta, she spent most of her life in Indonesia. With the rapid growth of development, Jakarta has got a unique view where a small town with banana trees is located right next to a city with a pack of skyscraper buildings. She moved to London and entered Central Saint Martin, but at that time, she just had a vague desire to do something creative. There, she was introduced to fashion, sculpture, textiles and so on, and she was enchanted by jewelry. She says that the beauty of jewelry is that you can wear it anytime and bring it anywhere. The process of making jewelry using hammer and burner on metals was a right fit for her.

“michelle_03” “michelle_04”

◆ Jewelry that longs to be worn by someone who has individuality
A beautiful white based atelier, a newly-married life with a photographer-husband, herself wrapped in a cute fashion, anywhere you look at, Michelle's lifestyle is artistic and stylish. Nonetheless, she is very unpretentious and very herself. Her style is expressed in her stance of making jewelry. She says that being competitive and ambitious is not in her nature, and she is not interested in public reputation. She simply wants to pursue what she wants to create and wear. While she willingly accepts many requests of customization, she also mentions that she is happy to see her jewelry be personal and special for customers by her customization. Such creations with her natural attitude are strongly supported by the people who have "individuality" in the modern world today.

“michelle_05”


<Brief History>
1988 Born in Jakarta
2011 Received masters from Art & Design Course at Central Saint Martin
Started her own brand "Michelle Oh"
Debuted her collection at Bottica, thereafter she became one of the bestselling designers in Europe
Now, she continues her work at her studio in East London and is introducing new collection every year