“thompson_main”

Thompson Street Studio

伝統技法×コラボレーター×ミクストメディアが生み出すアートなテキスタイル

◆なるべくしてなった、アーティスト
父が画家、母がダンサーという芸術一家に生まれたKivaは、幼い頃からクリエーティブな環境で生まれ育ち、自然とアートの道に進む。ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで偶然出会ったテキスタイルの魅力に惹かれ、テキスタイルデザインの道を歩むことになる。大学卒業後、世界的に活躍するマルチメディアアーティスト、スーザン・チャンチオロの元で働いたのち、アイザック・ミズラヒなど幾つかのデザイナーズブランドのクリエーティブディレクターを歴任。2014年に両親の運営するスタジオに、トンプソン・ストリート・スタジオをスタート。シーズン毎に新たなコレクションを発表している。

thonpson_01 thompson_02

◆異素材の組み合わせが生むアートピース
彼女は一つの作品の中に、新古品問わず様々な素材を自在に取り入れる。寄付された古着の切れ端から、地元の手芸店で入手した糸、通常インテリアには使わないような、建設現場用のロープといったものまで、そのバリエーションは幅広い。そしてそれらのミクストメディアを、世界の様々な伝統技法を使って、モダンなアートワークのような作品に生まれ変わらせる。商品は全てスタジオで手作業によって作られ、一つとして同じものがない。日常の中で実際に使えるものでありつつ、それが長く、代々使い続けられるものであってほしいとKivaは語る。受け継いでいくこと、それは彼女の素材選びや伝統技法の再現という製作プロセスに現れている。

“thompson_05”

◆名だたるコラボレーター
そしてもう一つ特筆すべきは、多彩なコラボレーター。Run Home Collectionでは、スーザン・チャンチオロやジェシカ・オグデンなど時代をリードしてきたデザイナーたちとともに作品を作っている。コラボレーションのスタイルは、相手や作るアイテムによって変えながら、議論に議論を重ねて組み立てていく。彼女はまるでテキスタイルを対象とした研究者のように、素材をとっても、制作過程をとっても、その実験的プロセスを心から楽しんでいるよう。

ニューヨークだからこそ生まれるデザイナー同士のネットワーク、ローカルコミュニティを活用したクラフトワーク、生まれながらにしてのアートセンス、そして伝統— 全てが有機的に絡み合って生まれる美しいホームウェア。スタートを切ったばかりのブランドは、新しいアイデアとスピリットで溢れている。

thompson_04 thompson_03


<略歴>
1977 ニューヨーク出身
ロードアイランドスクールオブデザインにてテキスタイルデザインを専攻
卒業後、複数のファッションデザイナーの元でキャリアを積む
2014 ソーホーにて、トンプソンストリートスタジオをスタート
以降、シーズン毎にコレクションを発表
スーザン・チャンチオロとともにミシシッピにスタジオを開設、
アーティストを招いたワークショップや、サプライストアを展開

Traditional techniques x collaborators x mixed media = artistic textile

◆ A natural artist
Having her father as a painter and her mother as a dancer, Kiva was raised in a creative environment, and it was natural for her to pursue art. At Rhode Island School of Design, she was fascinated by the beauty of textile and decided to pursue textile design. After graduating, she worked for Susan Cianciolo who is a worldwide multimedia artist and then worked as a creative director for a couple of designer brands such as Isaac Mizrahi. In 2014, she founded Thompson Street Studio in the studio run by her parents and is releasing a new collection every season.

thonpson_01 thompson_02

◆ An art piece made of different materials
She takes in all kinds of materials new and old in a work-piece. The variety comes from such as a piece of cloth from donated clothes, thread bought at a local craft shop, and construction rope that is not usually used for an interior product. She turns these mixed media into a modern artwork using traditional techniques from all over the world. All the artwork is handmade at her studio, and not one of them is the same. Kiva says that she wants her products to be used in everyday life and long enough to be handed down from one generation to another. You can see the idea of inheriting in the process of her work, the choices of materials and replication of traditional techniques.

thompson_03

◆ Well known collaborators
Another thing that should be mentioned is her multifaceted collaborators. In Run Home Collection, she is creating housewares with Susan Cianciolo and Jessica Ogden, who have been leading designers. The collaboration style varies depending on with whom she collaborates and what they create. There is no set rules on making; they discuss over and over every time. She seems to be enjoying the experimental processes of selecting materials and putting them together as if she were a textile researcher.

With the designers' network in NYC, craftwork using the local community, Kiva's natural artistic taste, and traditions, everything is organically merged into these beautiful housewares. The newly started brand is full of new ideas and high spirits.

thompson_04 thompson_03


<Brief History>
1977 Born in New York
Majored in textile at Rhode Island School of Design
After graduating, built a career working for many designers
2014 Founded Thompson Street Studio in SoHo
Since then, launching a collection every season
Co-founded a studio in Mississippi with Susan Cianciolo and running a textile school and supply shop